カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > ヒアリングマラソンとスピードラーニングのどちらが良い?

ヒアリングマラソンとスピードラーニングのどちらが良い?

 「1000時間ヒアリングマラソン」という教材は聞いたことがある人も多いかと思います。一昔前は、英語教材と言えばヒアリングマラソンがその代名詞として上げられていました。最近では石川遼を起用したことにより、スピードラーニングがその知名度を上げています。

それぞれの教材の特徴は、1000時間ヒアリングマラソンは上級者向けスピードラーニングは初級〜上級、です。以下の表にまとめましたのでご参照ください。



スピードラーニング     1000時間ヒアリングマラソン     
リスニング量/月 2時間 4時間
リーディング量/月 2時間 3時間
費用 4,200円/月 52,290円(12ヶ月分一括払い)
学習期間 48ヶ月 12ヶ月
学習方法 CD、スクリプトブック CD、雑誌、スクリプトブック
対象 初級〜上級 上級者向け


【1000時間ヒアリングマラソンの特徴】
■リスニング量:4時間
■リーディング量:3時間
■費用:52,290円
■学習方法:主にCD(4枚)、ENGLIAH JOURNAL1冊、スクリプトブック
■難易度:上級
■題材:
時事問題、映画、ビジネストピック、ニュース

<紹介>
この教材は英語圏の国で話される映画・ニュースなど、まさに実生活の英語をそのまま教材にしています。特徴はその題材で時事問題やニュース・映画など、ナチュラルスピードかつ難易度の高い英語を題材としています。私の知る限り難易度が最も高い英語教材、本気の英語学習を前提とする教材です。

ある程度の英語基礎力がついていないと
ついていけません。要求される推奨レベルはTOEIC650点(開始時点の点数)です。かなり高い点数を必要とされますが、本気で英語を学習するつもりならこれぐらいの基礎力を備えて当然ですよねというメッセージが込められていると解釈しています。

英語の学習は「
自分の実力+1」が効率の良い学習と言われています。注意しないといけないのは、ヒアリングマラソンはTOEIC650点の実力がないと無意味に高いレベルの教材になってしまいます。英語力の高い人で学習意欲のある人に効果を発揮する教材。そんな風に捉えれば的確だと思います。

1000時間ヒアリングマラソンの申込等の公式ページはこちらから

【スピードラーニング】
■リスニング量:3時間
■リーディング量:3時間
■費用:初回セット(1,2巻):9,870円 3巻目以降:月々4,200円、送料 315円(全て税込)
■題材:ニュース、日常英会話、時事英語
■難易度:初級

<紹介>
「英語が話せる」を英語学習のゴールとしたら、その道のりはとても長いものです。スピードラーニングは日常会話を「日本語訳」をうまく交えながらCDを聞くことができます。つまり少し難しい英語でも理解できるレベルに引き上げてくれる教材になっています。対象はTOEIC650点(目安)を目指すレベル。教材の最初は初級からスタートするので、英語初心者が使って効果のある教材になっています。

英語が苦手、もう一度勉強しなおしたいというならスピードラーニング。英語訳の後に日本語訳が吹きこまれている学習システムは画期的、紙とペン、辞書なしで英語学習が出来るため、
隙間時間を英語学習時間に変えることが出来ます。英語初級者の基礎力を引き上げてくれるリスニング教材だと思います。


教材選びは背伸びする必要はありません。自分の実力を把握しながら、到達目標を設定。千里の道も一歩から、がんばりましょう。


→当サイトの英語力診断テストで実力把握


スピードラーニング英語公式ページ(お申し込み等こちらから)



Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.