カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 英語を使うビジネスマンが筆記体を使うことはあるのか?

英語を使うビジネスマンが筆記体を使うことはあるのか?



 中学一年生のアルファベットの書き方で筆記体を習ったと思います。ブロック体と違う形を崩したように書くアルファベットです。絶対に教えないといけない項目ではないようです。そもそも英語を使うビジネスマンが筆記体で文字を書くような機会はまずありません。あえて言うなら英語で書くサインが筆記体に近いかもしれませんが、多くの人が筆記体をさらに崩して自分のサインとしているのでそもそもそのサインが他の人に読める必要すらありません。

 実際に英語を使うビジネスシーンはパソコン、E-mailでほとんどを済ませるために英語はブロック体が基本です。そもそも英語を書くこと自体が少ないのです。

 筆記体を習うことは必須ではない。納得ですね。

スピードラーニング英語公式ページ(お申し込み等こちらから)


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.