カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第22巻:ハロウィーンとサンクスギビング

第22巻:ハロウィーンとサンクスギビング

第22巻:ハロウィーンとサンクスギビング


 第22巻はハロウィーンとサンクスギビング

アメリカに行くとハロウィーンとサンクスギビング(感謝祭)のイベント規模の大きさにびっくりします。街中がイベント一色に染まります。日本では少し馴染みの薄いアメリカのイベント、ハロウィーンとサンクスギビングを通して英語を学習できるのがスピードラーニングの第22巻

スピードラーニング、また第22巻の特徴がわかるように最初の2文を、解説を添えて紹介します。


最初の文章
 Maki, what kind of sandwitch meat would you like for lunch?
 (マキ、今日のサンドウィッチに使う肉は何が良い?)

 Ham, turkey, smoked chicken, or roast beef?. 
(ハム、ターキー、スモークチキン、ローストビーフ。)

アメリカがサンドイッチ文化であることが良くわかる一文、 サンドウィッチに挟む 肉の種類 で会話が成り立っています。
日本だとまず「ハム」ですよね。一般家庭でこれだけサンドウィッチの肉の種類が豊富に種類が揃っていることは、スーパーでもたくさんの種類の肉が売られていることが
想像できます。

注意しないといけないのは前置詞の使い方。この文章では for lunch の for が前置詞で搭乗します。
lunch には 主に for lunch (ランチに) と at lunch (ランチで) の二つがあります。 それぞれ、 for(に)、at(で)と訳しますが、

前置詞の性質を知っておくと使い方に困りません。

forは 「〜に対して」や「〜のために」と 人、物事に向かって使う性質があります。
at は 時間や場所など 位置を示す性質があります。

とにかく良く使う前置詞、特徴を覚えれば、話す時も聞くときもすごく便利ですよ。

スピードラーニングでも 前置詞を意識しながら学習すると 英会話のレベルを上げることが出来ます。





※第22巻で学習する主な内容
項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
@ ハロウィーンの伝説 35ページ scarecrow(カカシ)、ancient(古代の) trick or treat(いたずらかお菓子:ハロウィーンで子供たちがお菓子をもらう)
A アメリカで最初の感謝祭 23ページ foot stool(踏み台)、stepladder(脚立) Native Americans(アメリカ先住民)
B サンクスギビング・ディナー 31ページ walnuts(くるみ)、turkey(七面鳥) grocery store(食料品店)





スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.