カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第12巻:ニューヨーク ニューヨーク

第12巻:ニューヨーク ニューヨーク

第12巻:ニューヨーク ニューヨーク


 第12巻はニューヨーク ニューヨーク

 アメリカ最大の都市ニューヨーク、日本の東京と同じく「アメリカの顔」、そこを訪ねる人々、また暮らす人々を通じて英語学習するのがスピードラーニングの第12巻。
出張や仕事はもちろん、アパート探しから大学生活まで日本人がニューヨークで暮らす様々なシチュエーションで学習します。

特徴が分かるように最初の2文を紹介します。
最初はニューヨークへ向かう飛行機の中の会話から始まります。熟語を使う難易度の高い日常会話から始まります。





最初の文章
 Hi, this is your captain speaking, due to adverse wether conditions, we will be landing a little late.
 (機長からのお知らせです。天候悪化により、到着が少し遅れることになります。)

英語で使うアルファベットは26文字しかなく、 50文字+漢字で表現する日本語より圧倒的に数が少ない。それを補うために英語は熟語(イディオム)を使います。
いくつかの単語を組み合わせて一つの意味をなすのがイディオムです。この文章でもよく使う熟語 due to(〜による) が登場します。 
このような熟語を覚えることが英語上達に必要です。

続く文章は

It's a good thing I don't have a meeting this afternoon.(午後に打ち合わせがないのが幸いです。)

It's a good thing + 文章 で「〜の状態で良かった」と表します。このような表現では thatが省略されていることを見抜くと理解が楽です。 that の次に文章が続いて、 その文章の状態を good なのか bad なのか状態を伝えます。 見抜くのは難しくありません。 
一つの文章に 主語+動詞 の組合せが二つあるかどうか です。 この文章では It's ( It is ) と I don't have の二つがあります。


第12巻で学習出来る主な内容
項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
@ ニューヨーク出張 32ページ unfortunately(不幸なことに)、merger(合併) It can be at times(時には)
A ニューヨーク転勤 18ページ income(収入)、suburban(郊外) school-age children(学校に通う子供たち)
B アパートを探す 10ページ exterminate(退治する)、drastic(劇的) a week or so(一週間ぐらい)
C ニューヨークの大学に入る 16ページ complicated(複雑な)、maintenance(管理) on your way up(上へ行く途中で)

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み


スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.