カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第37巻:日本の英語教育の行方

第37巻:日本の英語教育の行方

第37巻:日本の英語教育の行方




日本では英語があまり話せない英語の先生もいます。
外国人の少ない日本では英語をあまり話す機会がありません。今では、英語の授業に外国人の先生を招き、特別授業をすることもあります。

そんな時に日本人の英語の先生はどう感じているのか。先生側からの視点で英語教育について語られています。

また、海外で語学学校に通った経験のある先生から、日本人としての英語学習が文法偏重であることや外国での英語学習の違いを学ぶことが出来ます。


レベルの高い単語、文章を含みながら学習を進めていきます。
レベル感が伝わるように序盤の文章を紹介したいと思います。




序盤の文章

 Eventually, the opening of the country's borders meant the end of isolation and the beginning of a new age for Japan.
(結果、鎖国を解消することは孤立していた日本の新しい時代の幕開けとなりました。)

レベルの高い単語は eventually(結果)、isolation(孤立)が使われています。
そのほかに難しい単語はありませんが、こういった単語が一つ入るだけで文章が難解に感じます。

こういった文章を 一度聞いただけで 理解できるようになるのが学習の成果。 スピードラーニングを通して英語力が上達する道だと思います。


※第36巻のタイトルと学習量
タイトル 学習量
@ 江戸時代の300年 33ページ
A 次の朝、荒木さんは同僚の 25ページ
B 仕事仲間の山田さんと 22ページ

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み


スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.