カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第38巻:外国人に対する偏見か

第38巻:外国人に対する偏見か

第38巻:外国人に対する偏見か

スピードラーニング第38巻


アメリカ人が日本を訪ねて来た時に、子供たちから「外人だ」と言われる。その人はアメリカ人でイギリス人と結婚し、その子供はグアムの原住民系の人と結婚。孫になると色々な血が混じったクオーターになります。青い目をした人を見たら一様に「外人」と考える日本人。

グアム大学で日本文化について教えるアメリカ人教授が、会話を通して日本文化の特徴を話していきます。

日本で暮らすことのトラブル、特にアパートを借りるときの苦労など、中々わからない文化の隔たりが語られていきます。

レベルの高い単語、文章を含みながら学習を進めていきます。
レベル感が伝わるように序盤の文章を紹介したいと思います。




序盤の文章

 We have reached an era where overseas travel has become possible for many people.
(多くの人たちが海外旅行に出かけることが出来る時代になりました。)

レベルの高い単語は era(時代)が使われています。
そのほかに難しい単語はありませんが、こういった単語が一つ入るだけで文章が難解に感じます。

また、文章中に複数の文法を使うことで複雑な表現を可能にしています。
この文章では主に have reached(現在完了)、where(関係副詞)、has become(現在完了) と2回の現在完了が使われています。

こういった文章を 一度聞いただけで 理解できるようになるのが学習の成果。 スピードラーニングを通して英語力が上達する道だと思います。


※第38巻のタイトルと学習量
タイトル 学習量
@ 多くの人たちが海外旅行 15ページ
A ピーター、荒木家に到着 37ページ
B 次の朝、ピーターは 19ページ

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み


スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.