カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第16巻:ショッピング

第16巻:ショッピング

第16巻:ショッピング



 第16巻はショッピング


 アメリカのショッピングは日本と違うことがいっぱい。大型の冷蔵庫で食料品の買いだめは当たり前。スーパーマーケットのサイズは超巨大、そこには見たことのない食材からデリまでたくさんあります。アメリカでの日常の買い物をシュミレーション出来るスピードラーニング第16巻、買い物文化を学びながら英語を学習することが出来ます。

感嘆したり、同意したり英会話らしい表現がたっぷりの第16巻、最初の2文から特徴が良くわかります。





最初の文章
Noriko is on a home stay in America with her host family and they tal k about shopping.(のり子はアメリカでホームステイしてショッピングについて話をします。)

前置詞を三つ使っている難しい文章。 前置詞をたくさん使う文章では、一度聞いただけではと単語の繋がりの認識が難しいのです。
この文章で使われている前置詞 on 、 in 、 withはそれぞれが十を超える意味を持ちます。その為文章から適切な前置詞をを読み取ることが必要。
ここでは ホームステイをしている「状態を表すon」、アメリカという「場所を表すin」、「一緒にという意味のwith」の三つが使われています。

当然、前置詞も文法、一定のルールがあり覚えておくと便利です。
例えば、場所を表す前置詞は 示す範囲で変わります。 inは範囲が広く、国や地方、県を指します。 上の会話の様に in Americaです。
atは範囲が狭いものに使います。 at the station や at my house などです。 ちなみにatで最も大きいものは at the airport 空港だと認識しています。

次の文章
Well It's saturday,That's right, it's shopping day, (そうだ、今日は土曜日。 そうだ、買い物の日だ。)

Wellと言って考えたり、同意するのはよく英会話で使う表現。

wellは日本語で「えーと」「あのー」「そうだ」など会話の間を置いたり、話を切り出す役割があります。
英会話をしたことのある人なら、自分が話そうとしているのに 相手が気付いてくれないと感じることはありませんか。

その時に well と言って話し始めると 例えゆっくりでも相手は待ってくれます。
話の間を置く単語を覚えると会話の幅がぐっと広がりますよ。


このようにスピードラーニングでは英会話に役立つ表現が満載です。繰り返し学習することで英語のレベルが上がりますよ。


第16巻の項目と内容の紹介
項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
@ ポーストさんの家で 8ページ luxuries(ぜいたく品)、frozen food(冷凍食品) electrical appliances(電化製品)
A スーパーマーケットで 30ページ source of protein(たんぱく源)、coupon(クーポン) low in sodium(塩分ひかえめ)
B デパートで 30ページ disappointed(がっかりした)、receipt(レシート) I see your point(よくわかります)

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み


スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.