カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第14巻:レストランでの食事

第14巻:レストランでの食事

第14巻:レストランでの食事


 第14巻はレストランでの食事

 レストランの食事と言っても一言では表現出来ないほどの会話がそこにはあります。スピードラーニング第14巻は「レストランでの食事」を通してアメリカで暮らす様々な人々の食文化を語りながら英語を学びます。例えば、アメリカではで「ドギーバッグ」と言われる持ち帰りの袋があります、そんなアメリカのレストランの慣習などを学びながら英語学習が出来ます。

特徴として最初の2文を紹介します。
最初はニューヨークのデリでの食事から始まります。





二人の日本人がニューヨークで歩いるシーンから。

最初の文章
 Noriko and Kenji are exploring Manhattan. (ノリコとケンジがマンハッタンを探索しています。)

簡単な文章ですが、単語のニュアンスが顕著に表れている一文です。この文章で使われている動詞はexplore=探索すると訳しますが、「冒険」というニュアンスを含んで話すことも多い単語です。ここでは散歩をしながら色々な店を見ているという意味でexploreが使われています。exploreを日常的な生活の中で使うことでワクワクして歩きまわっている様子が感じ取れます。こういった微妙な単語のニュアンスを読み取れば楽しくありませんか。

次の文章は英語の特徴的な文法です。

 They decided to get something to eat. (彼らは何か食べるものを買おうと決めました。)

短い文章で2回の不定詞を使っています。 英語は結論(動詞)を先に言う言語、その後に補足説明を付け加えるのが一般的です。
そこで便利なのが不定詞、 They decided (彼らは決めた) の後に to get (得ること) to eat (食べること)を繋げて説明しています。


第14巻で学習する主な内容
項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
@ カーネギーデリでの食事 52ページ doggie bag(持ち帰りの袋)、hospitality(歓迎) What do you recommend?(何をお薦めしますか)
A 子供の学校のランチ 16ページ kindergartner(幼稚園生)、compulsory(義務) As soon as possible (出来るだけすぐに)

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み


スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.