カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第40巻:オムレツを作るために

第40巻:オムレツを作るために

第40巻:オムレツを作るために

オムレツを作るために





ニューヨークで日本人の女の子とアメリカ人の男の子が同棲をしています。
でも、それは女の子の親には内緒。相手の男は電話にも出られない不自由な生活。
そんなところに母親が突然日本から訪ねてくることになりました。

頑固だと言う彼女の母親に二人の関係を隠すように行動する彼女。
彼は離婚歴があり、母親に同棲を認めてもらえそうにはありません。

そんな彼女に彼が言った言葉が、アメリカの格言「オムレツを作るためには卵を割らないといけない」、何かを作る時には何かを壊さないといけない。ということ。

彼女は彼のことを説明することを決心します。

タイトルの「オムレツを作る前に」だけでは想像出来ないストーリーが展開されます。
アメリカでの生活、日本の親との関係。複雑な文化の交流も含め学習を進めることが出来ます。

スピードラーニングも上級になると難しい文章/単語が使われるようになります。
扱われている英語のレベル感が分かるように序盤の文章を一文紹介します。


序盤の文章

 It is the early 1980's, and Kako and Scott are "living in sin" in their 2-bedroom apartment in Brooklyn, New York.
(1980年代の初め、ニューヨークのブルックリンのアパートで同棲生活を送るカコとスコット。)

レベルの高い単語は living in sin(同棲)が使われています。


こういった文章を 一度聞いただけで 理解できるようになるのが学習の成果。 スピードラーニングを通して英語力が上達する道だと思います。




※第40巻のタイトルと学習量
タイトル 学習量
@ 1980年代の初め 33ページ
A それから数週間後 17ページ
B 数分後、カコと母親は 15ページ
C その夕方、カコと母親は 3ページ
D 数分後、カコが母親の 11ページ
E 母親はベッドから飛び起き 6ページ

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み


スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.