カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第5巻:家族、友達との会話

第5巻:家族、友達との会話



第5巻:家族、友達との会話


 第5巻は家族、友達との会話

子供の教育方針や一緒にキャンプや海で遊んだ時の出来事など家族・友達との会話を題材に英語を学習していきます。

特徴がわかるように最初の2文を紹介したいと思います。

第5巻はピクニックに行くことを計画する夫婦の会話から始まります。

最初の文章
 Mr and Mrs Brown talk about going on a family picnic.(ブラウン夫妻は家族でピクニックに出かけることについて話しています。)

Mr and Mrsで夫婦を表します。これは文章を読むと理解できるけど、耳で聞くだけではすぐに理解できない代表格の表現です。
そして、続く動詞に三人称単数のsは必要ありません。
そしてピクニックはgo on a picnicでピクニックに行くことを表します。

続いて以下の会話が続いていきます。

I have an idea. (考えがあるんだけど)
What? (何?)
We should go on a family picnic this Sunday.(日曜日にピクニックに行ったら良いと思ってるんだよ)

この"idea"はすごく便利な単語、「何か考えてる?」や「どう思う?」など Do you have an idea? は日常英会話でめちゃくちゃたくさん使います。
また、should(〜すべき)を肯定的な感情で使っているのも頭にとどめておくべき表現です。

このように英語は日本語にない表現が多くあります。ideaの使い方もその一つ。これらを地道に一つ一つ覚えていくのが英会話学習。スピードラーニングではこのような表現が多く学習出来ます。短期間で覚えるのは到底不可能。趣味の様に地道に勉強できれば良いですね。




項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
@ 家族でピクニック 4ページ picnic(ピクニック) bring him along(彼も連れて行く)
A 子供を甘やかさない 4ページ appreciate(ありがたく思う)、spoil(台無しにする) not really(そうでもないよ)
B 子供に関心を示す 6ページ lately(最近)、opportunity(機会) It means a lot(大きな意味を持つ)
C 責任 4ページ garbage(ごみ) go and do it now(行ってすぐやりなさい)
D 子供に必要以上のプレッシャーを与えること 4ページ environment(環境)、decision(決定) for a while(少しの間)
E お金の大切さを学ぶ 4ページ necessary(必要な) a lot of chore(たくさんの家事)
F バースデープレゼントを買いに行く 4ページ a bottle of cologne(コロン) Ill get it(手に入れる)
G 病気になる 4ページ herbal tea(ハーブティー) I feel sick(気分が悪い)
H 帰宅 4ページ shipping department(配送部) on the way home(家の帰り道)
I 勉強不足 4ページ figure out(調べる) I can handle it(自分で出来る)
J 大学卒業 8ページ keep in contact(連絡を取る) It's a shame(それは恥だ)
K 宿題を一緒にする 6ページ at all(全くない) I'll try(やってみる)
L 友達を気遣う 4ページ cheer up(励ます)、divorce(離婚) sounds good(いいねぇ)
M 将来の夢 4ページ miserable(悲劇の)、single(独身) That's all(それで終わりです)
N キャンプに行く 6ページ camping equipment(キャンプの用品) on time(予定通り)
O 海で 6ページ hang out(くつろぐ) at noon(正午に)
P 昔の写真 6ページ remind(気付かせる) That would be nice(それはいいですね)

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み


スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.