カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 第8巻:パーティー

第8巻:パーティー



第8巻:パーティー


 第8巻はパーティー

パーティーと一言にいっても結婚式からハウスパーティー、ハロウィーンなど様々なパーティーがあります。スピードラーニングの第8巻ではアメリカで行われるパーティーを紹介。バチェラーパーティーと呼ばれる独身男性が結婚前に(男だけで)行うパーティーなどが紹介されています。

第8巻の特徴がわかるように最初の2文を紹介します。
どのようにパーティーで振舞ったらよいのかを尋ねるところから始まります。

最初の文章

 At the party, Satoshi asks Jill for advice about how to act. (サトシはジルにパーティーでどのように振舞ったらよいのか尋ねます)

頻出文法である ask + 人 + for が出てきます。
人に物を訪ねるときにはあ(a)いさ(s)つか(K)ら
。と覚えておけば便利。

ask +人 + for で人に〜することを質問する を表します。


文法の連鎖が起きて文章が構成されるのが普通。
ここでは about how to 〜 (どのようにするのか)が文章に加わっています。

ask + 人 + for に about how to が続いて
「どのように振舞ったらよいか尋ねる」との文が出来ています。

続いて

 Hi Satoshi, are you having a good time?(サトシ、楽しんでますか?)

haveの幅広い使い方が特徴的な文章に続きます。
日本語では「〜する」を名詞の後ろにつけることで動詞にできます。たとえば、掃除する 洗濯するなどです。
英語では「〜する」を表現するのに良く使われるのがhaveです。 have は持っているの意味を超えて「すること」を表します。
ここでは having a good time. いい時間を持つ、つまり楽しむということです。

〜する というとBe動詞がすぐに出てくるかもしれませんが、英語の表現ではbe動詞だけでなくhaveも幅広く使うことができる単語です。
スピードラーニングの1文からも多くの要素/表現が詰まっています。表現を豊かに英語で会話できたら良いですね。


※第8巻で学習する主な内容
項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
@ パーティーに何を着ていこう 6ページ invitation(招待)、casual(気軽な) last-minute decision(急な決定)
A パーティーで 14ページ uncomfortable(不快な)、easygoing(気さくな) most of all(要するに)
B あらたまった行事 10ページ formal(形式ばった)、household items(家庭用品) so did we(私達もです)
C ビーチパーティーとピクニック 16ページ sticky(べたべたする)、bonfire(キャンプファイヤー) Ill be ready(用意しておきます)
D ハウスウォーミング・パーティー 10ページ spacious(広い) That was nice of them(良い人たちね)
E バッチェラーパーティーとシャワーパーティー 12ページ bachelor party(独身男性の結婚前パーティー) Not exactly(ちょっと違います)
F バレンタインデーとハロウィーン 10ページ jewelry(宝石) Trick or Treat(くれないといたずらする)

『スピードラーニング英語』公式ページ・お申し込み



スピードラーニングの世界一詳しい評価 ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.